1. ホーム
  2. 車用品・バイク用品
  3. バイク用品
  4. パーツ
  5. ハンドル
  6. ハンドルキット
  7. |ハリケーン|スクーター|2st|ハンドル系パーツ|バーハンドル |HURRICANE ハンドルkit リモコンJOG・リモコンJOG-ZR・スーパーJOG-ZR(-00) HBK524-01
てなグッズや 最大68%OFFクーポン ハリケーン スクーター 2st ハンドル系パーツ バーハンドル HURRICANE ハンドルkit リモコンJOG リモコンJOG-ZR スーパーJOG-ZR -00 HBK524-01 teleferik.com.tr teleferik.com.tr

|ハリケーン|スクーター|2st|ハンドル系パーツ|バーハンドル |HURRICANE ハンドルkit リモコンJOG・リモコンJOG-ZR・スーパーJOG-ZR(-00) HBK524-01

12266円

|ハリケーン|スクーター|2st|ハンドル系パーツ|バーハンドル |HURRICANE ハンドルkit リモコンJOG・リモコンJOG-ZR・スーパーJOG-ZR(-00) HBK524-01




商品説明
ノーマルハンドルからバーハンドルへ交換する時に必要な部品をまとめたキット。
ノーマルケーブル・ブレーキホースで取り付け可能です。

仕様・規格
■メーカー■
・HURRICANE[ハリケーン]

■メーカー品番■
・HBK524-01

■JANコード■
・4936887004038

■適合車種■
・スーパーJOG-ZR(~00年式)
・リモコンJOG/-ZR
・アプリオ/-EX/-Type2
・アクシス50/90(90年式~)
・メットインJOG/-スポーツ
・JOG90
※JOGポシェは不可

■詳細■
○キット内容○
・ハンドルバー
・ハンドルセッター
・ハンドルホルダー
・4.5インチベーツタイプヘッドライト
・トリップ付140km/hスピードメーター
・ヘッドライト&メーターステー
・クリアウィンカー(メッキボディ)
・インジケーターランプ赤
・タイラップ
・ビニールチューブ、等

▲注意点▲
※リモコンJOG/-ZRには、スーパーJOG-ZR系用のメーターケーブルとメーターギアボックスが必要です。
※メットインJOG/-スポーツ・JOG90に装着時、ハンドルにスイッチ穴加工が必要です。



弊社の取り扱い商品はバイクパーツ、バイク用品となります。
※車両販売(オートバイ本体の販売)は行っておりません。
商品画像で、車両全体もしくは車両の一部が写っている画像がございますが、それらは商品の装着イメージとしての画像であり、車両そのものではありません。


◆チャック付きポリエチレン袋◆ ユニパック カラー半透明 H-4 緑1ケース3,500枚 100枚×35袋☆☆DT PA280HCH A1 #ミ#INAX LIXIL トイレ 樹脂タンク フタ固定あり リフォーム用

きょうだいの手紙

15.流産あるあるすごく言いたい

第一章 5分でわかる〝ブラジル勝ち負け抗……

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

とは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥

特 集


ランキング

「考える人」から生まれた本

イベント

テーマ